Home > 研究所概要 > 概要

概要

大沢記念建築設備工学研究所

本研究所は、都市・建築の環境工学、建築設備工学及びその他これらに関連する分野の基礎的、応用的調査・研究を行うことを目的にし、1968年、大澤一郎の提唱によって関東学院大学が附置する研究所として創設されました。
2005年、文部科学省学術フロンティア推進事業としてリニューアル工事を行い、総合的なサスティナブル建築=環境共生技術フロンティアとして再生・改修されたことにより、建物全体は、総合的研究施設であると共に、一つの大きな環境共生技術のための実験装置となっています。
 
 

主要研究分野

 
建築環境工学(空気・熱)、建築設備(空調)分野

研究者;
Key words;
遠藤智行
空気調和設備, 換気理論, 高効率換気システム, 通風, 省エネルギー,分煙, 受動喫煙

 
給排水衛生設備、環境工学分野

研究者;
Key words;
大塚雅之
給排水衛生設備、長寿命化、スケルトン&インフィル、排水システム、節水・節湯、
省エネルギー

 

建築・都市環境デザイン分野

研究者;
Key words;
兼子朋也
温熱環境と人間生活、温熱的感覚・快適性、風土建築、パッシブデザイン、都市気候、サスティナブルデザイン、アートマネジメント

 
熱工学、気調和工学分野

研究者;
Key words;
神谷是行
蓄熱、熱輸送、未利用エネルギー

 
建築電気設備工学分野

研究者;
Key words;
高橋健彦
接地,雷電磁環境,電気安全

 
廃棄物処理工学、環境衛生工学分野

研究者;
Key words;
野知啓子
環境、廃棄物処理、水処理装置、衛生管理

 

建築環境工学(熱・光)分野

研究者;
Key words;
山口温
熱環境、光環境、環境調整

 

建築デザイン・計画分野

研究者;
Key words;
湯澤正信
学校、小中一貫校、中高一貫校、地域交流施設、サステイナブル・リニューアル、
建築構成

 

研究所概要

 
[ 位置 ]
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1

研究所へのアクセス
 
[ 建築概要 ]

施設名 大沢記念建築設備工学研究所
構造 RC造(一部S造)地上4階
用途
建築環境共生技術設備研究施設
RF 屋上、ビオトープ、緑化施設
4F 居住空間実験スタジオ1、居住空間実験スタジオ2
3F 機械スペース、設備工学実験室、会議室謙所長室
2F 電気設備実験室、計測室2、計測室3
1F 環境共生実験ワークショップ・トイレ
面積 敷地面積:126,208.27㎡
延べ面積:733.42㎡(内増築分177.55㎡)
建築面積:308.75㎡
工期 着工:2004年10月1日  竣工:2005年3月29日

 
[ 平面図 ]

ページTOPへ