Home > 研究所設備 > 環境共生技術関連設備 > 地中熱利用システム

水平パイプ

熱伝導率の高いパイプを地表から一定の深さに水平に設置し、垂直パイプと同様に、2階実験室内の空調機に接続しています。空調機はヒートポンプ内蔵型とし、屋外機は使用しないことで、中小事務所ビルの改修工事にも適応できる技術としています。

水平パイプ

ヒートポンプ内蔵式空調機

実験室2 階平面図

水平パイプの埋設の深さは設置コストに大きく影響しますが埋設が浅いと外気温の影響を受けるため、熱交換パイプの間隔を調整するなど調整が必要となります。本実験においては、水平熱交換パイプをク-ルチュ-ブの直下に全長約30m布設しています。