Home > 研究所設備 > 環境共生技術関連設備 > ダブルスキン&ソーラーチムニー

ダブルスキン

ダブルスキンとソーラーチムニーは、効果的な熱除去や自然換気の促進などにより快適な室内環境が確保でき、また、熱負荷削減率の低減にもなり省エネルギー効果を得ることのできる装置です。
建築物の西面は、日射の影響を大きく受けるため、特に夏期においては高温となり、熱的環境の改善が必要とされます。本研究所の建物は、南北方向に長く、西面での日射の影響を大きく受ける配置になっています。
   

しかし、一定の幅を持つダブルスキンを採用することで、夏期には、日射負荷の軽減させることができます。ダブルスキンは西面2 階~4 階に設置。下端はメンテナンス通路とし、開口率60%のグレ-チング床としています。上部開口部は、東面、西面が開閉できます。夏期は開け自然換気を促進し、冬期は閉じることで断熱が向上します。この効果により内壁側の開口部は、断熱性能の高いガラスを用いなくとも普通ガラスで室内側の快適環境を確保しています。