Home > 研究所設備 > 環境共生技術関連設備

環境共生技術を研究するための大きな実験装置

本研究所は、2004年度文部科学省学術フロンティア推進事業「都市・ストック再生を目的とした環境共生技術の戦略的開発」として、築36年を経過した研究所建物を様々な環境・設備技術を総合的に導入し、一つの総合的なサスティナブル建築=環境共生技術フロンティアとして再生・改修しています。これらにより、この研究所の建物は、総合的な研究施設であると共に、環境共生技術を研究するための大きな実験装置ともなっており、現在、建築全体を使い、各技術の検証研究が行われています。
 

 
老朽化した既存建物において、環境共生技術が、建築、構造、設備の合理的統合を創出し、サスティナブルでフレキシブルな研究施設へ再生させることをコンセプトにしています。
 
1.ダブルスキン&ソーラーチムニー
2.地中熱利用空調システム
3.雨水・排水再利用システム
4.都市気象観測システム