Home > 研究所設備 > 環境共生技術関連設備 > 地中熱利用システム

検証結果

 

熱交換杭土壌と周辺温度(2006 年6 月~2007 月5 月)

夏期、冬期の各3 ヶ月間の運転中における平均放熱量と平均採熱量を計測した結果、内陸部で得られる一般的な値に対して、夏期は1.8 倍ほど多く放熱し、冬期では2.4倍ほど多く採熱したことから、金属強化PE 管の熱特性と臨海部に面した土壌温度の特性を有効に活用できていることがわかります。