Home > 研究者 > 所員 > 高橋健彦 TAKAHASHI Takehiko

高橋健彦 TAKAHASHI Takehiko

高橋健彦 TAKAHASHI Takehiko

建築・環境学科 教授 (Professor),工博
 
建築電気設備工学分野
  
Key words;
接地,雷電磁環境,電気安全
 

研究内容の概要

建築電気設備における感電防止・接地・電気火災防止等の電気安全に関する研究、建築物における雷保護・雷サージによる電磁環境(EMC)等に関する研究を行う。
特に博士後期課程では多層理論に基づく接地抵抗の計算、接地抵抗の周波数特性・電位干渉、接地システムの構築等の研究を行う。

最近の研究テーマ

(1)建築物における統合接地システムの開発
概要
保安用,機能用,雷保護用接地を統合した,ビルにおける望ましい接地システムを研究している。

(2)建築物における雷電磁環境の評価
概要
落雷に起因して発生するビル内部の電磁界を低減するための方策を検討し,環境評価を研究している。

(3)形状係数による接地極の接地抵抗
概要
厳密解のない接地極の接地抵抗を接地シミュレーションによって推定する方法を研究している。

(4)電気安全の対策
概要
感電、電気火災、落雷による人的・物的被害を分析し、対策を講じるための方法を研究している。

応用研究テーマ

・建築物・プラントの接地計画および設計
・建築物の雷保護の計画および設計
・雷リスクマネージメントシステムの開発
・電気安全、都市防災(雷)に係わる設計

研究設備、測定機器

雷サージ発生装置、多層理論による接地抵抗計算ソフト、形状係数法による接地シミュレーション装置

主な社会活動等

㈳電気学会,㈳電気設備学会,㈳日本建築学会,IEEE,
㈳電気設備学会理事・副会長,㈳建築設備技術者協会理事・元副会長,
㈶関東電気保安協会評議員,国土交通省中央建設工事紛争審査会特別委員,
電気工事施工管理技術検定試験委員,IEC-TC64国内委員会委員長,
㈳日本工学会理事,(公財)建築技術教育普及センター評議員

社会貢献・産学連携に可能な内容

・電気安全(感電・雷,火災)に関する啓蒙活動
・雷保護技術に関する講習会の講師,委託研究,共同研究
・接地技術に関する講習会の講師,委託研究,共同研究
・建築物の電磁環境技術に関する講習会の講師,委託研究,共同研究

コンサルティングのKey words

接地計画・設計,雷リスクマネジメント,電気安全評価

産学交流の範囲

共同研究,委託研究,技術指導,種々の測定・計測,種々の実態調査,研修・講演会などの講師

連絡方法

TEL:045-786-2001 
E-mail:ken@kanto-gakuin.ac.jp
研究室:http//home.kanto-gakuin.ac.jp/~ken/

ページTOPへ