Home > 研究者 > 所員 > 兼子朋也 KANEKO Tomoya

兼子朋也 KANEKO Tomoya

兼子朋也 KANEKO Tomoya

人間環境学部 人間環境デザイン学科 准教授(Associate Professor)

建築・都市環境デザイン

Key words;
温熱環境と人間生活、温熱的感覚・快適性、風土建築、パッシブデザイン、都市気候、サスティナブルデザイン、アートマネジメント

研究内容の概要

気候風土に適応し、環境負荷の少ない、真に健康で快適な暮らし・建築・まちを計画・デザインすることを目指しています。そのため、人間を中心に衣服から室内、建築、集落、都市といった様々なスケールのもとでの環境条件と人間生活および五感との対応関係を調査・研究します。

最近の研究テーマ

・温熱的感覚・快適性に関する測定とその評価に関する研究
・応急仮設住宅内の温熱環境調査および仮設住宅群の屋外温熱環境調査
・風土的建築および集落の環境調節手法の調査
・湘南地域の都市気候調査
・鎌倉の「風の道」に関する研究
・葉山芸術祭の役割とその影響に関する研究

応用研究テーマ

・室内温熱環境の実測と評価
・温熱環境の快適性研究
・都市気候の実測調査
・パッシプデザイン手法の開発および評価

研究設備、測定機器

・気象観測ステーション
・サーモカメラ
・多点での屋外気象観測システム

主な社会活動等

[所属学会]
・日本建築学会 ・日本生気象学会 ・人間−生活環境系学会 ・空気調和・衛生工学会 ・日本ヒートアイランド学会

[現在活動中のもの]
・日本建築学会
持続性社会の環境心理小委員会、温熱心理生理測定法学術規準刊行委員会、温熱感小委員会温熱感規準WG、温熱感小委員会現状分析情報発信WG

・人間−生活環境系学会
伝統的建築環境研究委員会

・HAFS(葉山芸術祭研究)研究員

社会貢献・産学連携に可能な内容

・環境共生型の住まい・まちの実現に向けての技術相談・指導、講演会
・気候・風土に対応した暮らしや住まいづくりに関する技術相談・指導、講演会

コンサルティングのKey words

温熱環境、温冷感・快適性、パッシブデザイン、風土建築、都市気候、サスティナブルデザイ

産学交流の範囲

共同研究、委託研究、技術相談・指導、種々の測定・調査、講演会の講師

連絡方法

TEL: 045-786-8598
E-mail: neko@kanto-gakuin.ac.jp