Home > 最新情報 > トピック

空気調和衛生工学会中部支部 第19回学術研究発表会の開催

Category : トピック

2018年3月22日(木)に空気調和衛生工学会中部支部第19回学術研究発表会が名古屋市東桜会館で開催されました。

本研究所からは、大塚研の学生4名が口頭発表とポスター発表を行い、

ポスター発表では
「水本敬介:節水形連立小便器システムの尿石抑制に関する研究 -尿石付着の詳細実 態調査-」で優秀賞を受賞しました。発表内容は以下の通りです。
[ポスター発表]
[学部生]
水本敬介:節水形連立小便器システムの尿石抑制に関する研究 -尿石付着の詳細実 態調査-
佐藤奨悟:飛沫抑制機能を有する節水形大便器の高層階における排水能力に関する 研究

[口頭発表]
[学部生]
若菜颯人:オフィスビルのトイレ改修に適用する節水形トイレユニット排水システムの提案
[修士生]
五味慎太郎:連立節水形トイレの排水性能評価に関する研究 -排水横枝管の継手形状 の影響-

発表風景(口頭発表)

発表風景

発表風景(口頭発表)

受賞風景

空気調和・衛生工学会東北支部 第6回学術・技術報告会の開催

Category : トピック

2018年3月09日に空気調和・衛生工学会東北支部での第6回学術・技術報告会が開催されました。
今回は大学院生2名、学部生1名で東北文化学園大学へ行き口頭発表を行いました。発表内容は以下の通りです。

・学校トイレの改修へのLCP対応型節水トイレシステムの適用に関する研究

その1 常時・非常時使用における課題点とシステム提案

その2 提案システムによる同一階及び多層階での合流排水

・業務用連立節水形トイレへの樹脂製特殊継手排水システム適用の可能性
その2 合流式排水及び代用汚物混入での検討

第19回学術・技術報告会 発表者


発表の様子

日本建築学会関東支部 第88回研究発表会の開催

Category : トピック

今年度の日本建築学会関東支部が、3月1日(木)~2日(金)の間、日本大学の理工学部1号館で行われました。
大沢記念建築設備工学研究所は、山口研究室から以下の題目で口頭発表を行いました。

・建築・環境棟の光環境に関する研究 外皮の異なる室の光環境実測及び評価
・建築・環境棟における環境教育に関する研究 環境教育の現状把握及び環境教育推進プログラムの検討

今後も本研究所では研究成果を広く発表・公開していく予定です。

関東学院大学建築・環境棟(5号館)が第7回サステナブル建築賞審査委員会奨励賞を受賞しました。

Category : トピック

関東学院大学建築・環境棟(5号館)が、一般財団法人建築環境省エネルギー機構主催の第7回サステナブル建築賞審査委員会奨励賞を受賞しました。同賞は、環境の価値を重視し、居住環境の豊かさを維持しながら、省エネルギーと環境負荷低減により、サステナブル社会の実現に貢献する優れた建築物を顕彰するものです。本学では、過去に2007年に関東学院大学環境共生技術フロンティアセンター(現大沢記念建築設備工学研究所棟の再生)で同賞を受賞しており今回が2度目の受賞です。

サスティナブル建築賞審査委員会奨励賞 受賞の様子
参考:一般財団法人建築環境・省エネルギー機構HP